祭食兼備

定年後の生活を満喫。食に、遊びに、生活のちょっとした工夫を楽しんでいます。

趣味

寺田瀧雄メモリアルコンサート

投稿日:

行ってきました!「寺田瀧雄 没後20年メモリアルコンサート All His Dreams」
緊急事態宣言解除後の土日公演です。

寺田さんは、宝塚の名曲をたくさん残された作曲家。このコンサートでは、寺田先生の時代にいらした元トップスターの歌が聞けるので超貴重!

「ベルばら四天王」と呼ばれる鳳蘭、榛名由梨、汀夏子、安奈淳の歌声は圧巻でした。(4人とも70歳なかばとはすごい!)
また現役の轟悠と月影瞳の「凱旋門」は、張り詰めた空気感が漂いながらも熟練夫婦の雰囲気でよかったぁ~
亡くなったジェンヌの歌を、皆で歌う場面では胸が詰まりました。
歌い継がれていく宝塚の歌、いいわぁ~。元気もらいました。

カーテンコールの最後に「上級生はもう着替えて帰り始めてます」と、下級生チームがカーテン前に挨拶に出てきました。その下級生がマリコさん・マミさん・コムちゃん達で、す・すごすぎる!

アドセンス広告

アドセンス広告

-趣味

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘレンド磁器展

大阪市立東洋陶磁美術館「ヘレンド」展に行ってきました。 中央公会堂・中之島バラ園のすぐ近くなので、周辺は満開のばらが香っています。 ヘレンドはハンガリーの名窯でオーストラリア皇室・ハンガリー王国御用達 …

かな文字の美しさ

書道ができるっていいなと、常々思っていました。 理由は、筆で字が抵抗なく書けるようになりたいのと、書くための落ち着いた時間を定期的に取りたいから。 退職後、優雅な「かな文字」を習い始めました。 最初は …

読書の時間5-⑫

「老いる意味」(森村誠一 著) 最近は「老い」に関する本がたくさん出ていますよね。 人気推理小説作家が、どんな切り口で書いているのか興味があり手にしました。 高齢者に入りかかった私にとっては、「ある・ …

読書の時間7-⑦

「ものがわかるということ」(養老孟司 著) 「世界をわかろうとする努力は大切である。でもわかってしまってはいけない」(まえがき) そんな「わかる」ってどういうことなのかなと、養老さんが日常にブツブツつ …

めでたづくし鍋島焼

大阪市立美術館のコレクション展 美術館の特別展(有料)に入ると、同時開催のコレクション展も見られます。 ルーブル博物館展に行った時は、鍋島焼の吉祥文様の器の展示をしていました。 (鍋島焼は食べ物ではあ …

プロフィール

プロフィール

profile

性別:「女性」

「私らしさ」を探索しながら、清く正しくのんびり歩いています。

アドセンス広告