祭食兼備

定年後の生活を満喫。食に、遊びに、生活のちょっとした工夫を楽しんでいます。

趣味

桜の森の満開の下

投稿日:

野田秀樹演出「贋作 桜の森の満開の下」を、新歌舞伎座で観劇。
野田さんの舞台は、大地真央主演「12夜」以来なので32年ぶり。あきすぎですよね。

この作品は、妖しく残酷な女と孤独な男の幻想的な怪奇物語(一言では言い切れないけど)。
海外公演もしていて、全編おどろおどろしく迫力がすごかった。
そうそうたるメンバー出演なので、チケット入手が困難な作品。

妻夫木聡、体当たりの迫力ある演技にび~くり。
深津絵里、すすすごすぎる。妖しすぎる。「踊る大捜査線」のイメージしかなかったのに。
天海祐希、堂々としてかっこよくて、舞台の重鎮役していても華を感じるわぁ。

桜の花びらが舞う美しさの中の、張り詰めた静寂さがすごい舞台でした。

出演者:妻夫木聡、深津絵里、天海祐希、古田新太、秋山菜津子、大倉孝二、藤井隆、野田秀樹ほか

アドセンス広告

アドセンス広告

-趣味

執筆者:


  1. ルミコ・BOSE より:

    あらやだ 出演者の中にエンマ役 池田成志さんもいれて頂きたかったですわ!推してます。
    そして天海さんカッコ良かった背筋ピーン男前でございます ふかっちゃんも大好きな女優さん豪華なキャストでポッキリお値段は良心的だったのかもしれません。そしてまだ頭を回るのが あのおまじないの言葉 どこにも行けず どこにでも行ける いゃあ~参ったぁ 参ったぁ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宝塚歌劇「今夜ロマンス劇場」

月組新トップコンビのお披露目公演。 2018年公開の大ヒットした映画らしい(が、知りません)。 映画を見た人の話では、とってもうまく舞台化されているとの事。 ミュージカルはロマンチックでホロリとくる作 …

読書の時間3-②

「恋忘れ草」(北原亞以子 著) 「最近時代小説読んでないし、とっかかりは短編集かな」と、手にした本は平成5年上期直木賞作品でした。 江戸の町のキャリアウーマンたちの生きざまが、今に通じる目で描かれてい …

阪神で食パン

食パン好きの私は、阪神百貨店に行ったら1階の「パンテラス」で常時10種類以上ある食パンから2つ購入します。 *北新地 忠みの「極 角」 自家製天然酵母と源泉水を使用。 それほど甘味も強くなく、口あたり …

なんばグランド花月2022.5

吉本の漫才、落語、新喜劇を見てきました。 ナマの舞台はやはりいいですね。おもしろい! 実はテレビでは漫才や新喜劇を見ないのですが、舞台の臨場感は全然違います。(宝塚歌劇もテレビではほとんど見ないです) …

読書の時間2-⑰

「クローズアップ」(今野敏 著) 以前「アンカー」を読んで面白く、「スクープシリーズ」だと知りこのシリーズを読破すると決めてチャレンジ2作目。 TV局記者と警察の駆け引きに、事件がややこしくからんでき …

プロフィール

プロフィール

profile

性別:「女性」

「私らしさ」を探索しながら、清く正しくのんびり歩いています。

アドセンス広告