祭食兼備

定年後の生活を満喫。食に、遊びに、生活のちょっとした工夫を楽しんでいます。

趣味

宝塚歌劇星組観劇

投稿日:

星組「ベルリン、わが愛」「ブーケ ド タカラヅカ」を観劇してきました。
ナチスの暗い影の時代、映画監督と女優のお話で、モノクロ風ラブロマンスがきれいでした。
ショーは、伝統的なレビュー作品で、懐かしい曲がふんだんに出て、ワクワクです。
(何曲かは一緒に歌ってしまいました)
全員で歌う「セマニフィーク」の迫力は、華やかな元祖「鳳蘭」の歌声を思い出しました。

 

アドセンス広告

アドセンス広告

-趣味

執筆者:


  1. mirin より:

    まさか劇場でお目にかかれるとは!
    お芝居私も好きでした。
    フイルムをデザインしたセット、満天の星、ベルリン駅から出発する電車・・・
    気に入りました。
    ショーは確かにツレちゃんの歌い方・踊り方がフラッシュバック!
    観劇を楽しみましたが、席がお隣だったこと方が印象的でした。

  2. 浜松 ひらめ より:

    懐かしい。
    ツレちゃんが羽扇持って歌ってましたよね?

    コチラでは浜松在住のミヤコさん(古城 都)が
    講演されたらしく、新聞に写真が載ってました。
    講演名が「愛 それは」ポスターの写真は20年位前の物。
    新聞の写真はおばあちゃん
    でもグリーンのスーツでスッとした立ち姿でした。

    最近ではコチラ出身の天玲 美音 とかいう子が
    シャシャリ出てます。誰やねん⁉️

    • masumi より:

      ツレちゃんの羽扇持ってゴージャスに歌い踊っている姿は、鮮やかに覚えています。
      あまりの豪華さと、歌の楽しさの印象が大きい。
      けど1番大きく記憶に残っている理由は、理事長(愛称)がすごい前列で隠し撮りしてくれた写真があったからかな。

  3. mirin より:

    古城都さん!!
    私が初めてファンになったお方です。
    「霧深きエルベのほとり」のカールでファンになり、次の公演で寿退団され・・・
    中学生の私は大泣きしました。
    今浜松にいらっしゃるのですね♪
    都さんの低いお声が大好きで・・・お会いしたいなぁ~。

  4. 浜松 ひらめ より:

    エルベと言えば 私はさっちゃん(内重のぼる)
    古っ(笑)トシバレるわぁ〜。

  5. mirin より:

    あっ!そうでした!
    もともとは内重のぼるさんの作品ですよね!
    再々演の順みつきさんも好きでした♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小磯良平緞帳

宝塚大劇場で昭和51年から56年まで使用されていた小磯良平原画の緞帳が、宝塚ホテル改築後もロビーに飾られていました。 華やかで、開演を待つ観客をワクワクさせてくれた絵柄です。懐かしい! 大劇場の緞帳な …

「ノートルダムの鐘」観劇

劇団四季「ノートルダムの鐘」(京都劇場)を、台風が来る前に観劇してきました。 映像(WOWOW)でした見たことがないオペラって、ナマで見るとこんな感じかな?と思わせる、内容の重厚さと歌の迫力でゾクゾク …

第71回新聞週間

10月15日から1週間を「新聞週間」と定め、メディアと報道について考える機会になっています。 その「記念の集い」に参加してきました。会場は大阪商工会議所。 1部は星稜高校野球部監督山下氏と朝日放送道上 …

壬生義士伝

宝塚歌劇雪組「壬生義士伝」「ミュージックレボリューション」を観劇。 浅田次郎原作「壬生義士伝」は新選組吉村貫一郎のお話。新撰組有名人(土方歳三、沖田総司)らと違い、目立たない家族愛に満ちた隊士で今まで …

見たての世界

MINIATURE LIFE展「田中達也 見立ての世界」(京都高島屋)に行ってきました。 昨年、NHK連ドラ「ひよっこ」のタイトルバックになったミニチュアの世界を作り出している写真家の作品展です。 作 …

プロフィール

プロフィール

profile

性別:「女性」

「私らしさ」を探索しながら、清く正しくのんびり歩いています。

アドセンス広告